SketchUp Pro for Construction ベーシック

PreDesign

PreDesign ~あなたのデザインへの探求心をより高めるツール~

PreDesign」はプロジェクト(建設予定地)をジオロケートして、その気象データと方角を元に適切なグレージング量や性能、庇など空間の快適性や照明にどのような影響を与え、どのようなファサードを検討すべきか視覚的にシミュレーションできる Web アプリ(SketchUpの「ファイル」メニューから(ウェブブラウザで)起動)です。

グレージングの性能指数である U 値、太陽熱取得係数、陰影係数、可視透過率などのシミュレーションは米国エネルギー省国立研究所の一つ、ローレンス・バークレー国立研究所が開発した「Berkeley Lab Window」で算出されています。


初期のデザイン段階からプロジェクトを正しい方向へ導きます。

初期デザインの3Dデータ作成の段階でそのプロジェクトに必要な環境条件を織り込むためにデータ取得を行うことで、更に想像力を底上げします。

利用可能なオプション
利用可能な地域にフォーカスすることで、概念設計のやり直しを回避します。

有用なコンテンツをすばやく生成
気候要因を早期に確認できるので必要な図や論点にすばやくアクセスします。

デザインを進化させ続けることが可能
成功するコンセプト作成にむけて、クライアントや同僚にさえも明確な説明ができます。

気に入ってもらえると自負している機能

シェーディングとグレージング
最も効果的なシェーディング計画と、建物の各面のグレージングを増加設定が可能。

採光
高品質でその場に適した窓と屋根を設定することで、デザインに日光を上手に効果的に取り入れる方法を模索できます。

構造物との対話
気候と建物という各々の点を結び線にすることで最高の建築設計を実現します。

外部スペース
外部スペースを有効利用する上で最も価値の高い複数の計画案を組み合わせて最高のものにします。


「PreDesign」はSketchUpサブスクリプションライセンスをお使いの方が、ご利用いただけるサービスです。