効率的なデザインビルドワークフローの詳細

Remington Development CorporationのScott Miller氏は、商業施設から住宅まで、SketchUpツールを使用してコンセプトデザインのプロセスを完成させています。このSketchUpのプロが、カナダを拠点とする大規模な不動産開発会社のデザインビルドプロジェクトを進めるために、どのように自身のスキルを使っているかをご紹介します。

この数年間のあなたの役割について、少し説明してください

私は建築デザイナーで、この業界に20年以上携わってきました。いくつかの不動産開発会社で働いた後、DialogとIBI Groupでインターンの建築家として働き、現在はRemington Development Corporationで100以上の建物を設計しています。IBI Groupでは、コンセプトデザインとプロジェクト・マネジメントを担当し、20~30のプロジェクトでコンセプトデザインから設計図書作成、施工管理までを担当しました。Remingtonでは、優秀な人材で構成されたチームと協力して、コンセプトデザインの段階から、さまざまな土地タイプの開発調査や、リース機会のための提案書の作成に注力しています。

現在の仕事では、タイミングが非常に重要なので、正確でタイムリーな提案を行うために、SketchUpスイートの内外にある様々なツールに頼っています。
私が日常的に使用しているソフトウェアは、SketchUp Pro、Sefaira、V-Ray、Adobe PhotoshopおよびIllustratorです。

Quarry Parkのリバーフロントプロジェクトのコンセプトプランニング。
SketchUpでモデリングし、V-Rayでレンダリングしています。


SketchUpを使い始めてどのくらいになるのでしょうか?また、プロジェクトで使い続ける理由は?

私は2008年からSketchUpを使っています。最初はSketchUpの基本的な機能を使って、デザインのアイデアを素早く出していました。数年かけてスキルを向上させ、建物のデザイン、敷地計画、基本計画にSketchUpを使用する方法を学びました。ワークフローと様々なショートカットをマスターしたことで、作業効率が大幅に向上しました。

“SketchUpは非常に直感的なソフトウェアで、アイデアを膨らませることができるので使い続けています。SketchUpを使うことで、社内のグループやクライアントに複数のデザインオプションを素早く提案することができます。また、建設グループが提案されたデザインに関連するコストを理解し、地域の規制建築基準を確実に満たすためにも使用しています。”


リバーフロントプランでは、敷地内のユニット密度、容積率、駐車場の要件を描いています。
SketchUpでモデル化されています。


典型的なワークフローはどのようなものですか?

時間をかけて自分のワークフローに磨きをかけ、結果的にモデラーとしてのスピードも向上しました。通常、私の設計・施工のワークフローは、アイデアやコンセプトから始まります。そのコンセプトを敷地に合わせて検証し、フロアプラン、マスモデル、そしてレンダリングに適したモデルへと展開していきます。プロジェクトによっては、一般的なフロアからモデリングを開始し、住宅の場合はメインフロアをベースに、その下に駐車場があるような形に移行します。オフィスビルの場合は、構造的なグリッドや駐車場を考慮してモデリングを行います。しかし、どのプロジェクトでもコンセプトが最優先され、SketchUpはそのアイデアを素早く説明するのに役立ちます。

私の全体的なワークフローのプロセスを詳しく説明すると、主にマスモデルを作成しています。あまり複雑ではありませんが、現実の建物のシステムに基づいています。そこから、サイトマップと3Dウェアハウスのモデルをインポートし、道路や木の葉、家具などの周辺環境を構築する時間を短縮しています。プラグイン:Placemakerは、モデルに敷地の状況を反映させるのに非常に役立ちます。このような手順を踏むことで、モデルを実際の環境に近づけることができます。より複雑な敷地の場合は、測量による等高線を使って地形モデルを作成し、初期の設計プロセスに反映させます。

1枚目の画像。Quarry Stationのコンセプトモデル。
2枚目の画像。レンダリングに重ねられたラインワークのエクスポート。
SketchUpでモデリングし、V-Rayでレンダリングした。


3Dモデルが構築されると、通常はRJCのエンジニアにブラインドコールをして構造グリッドが実装され、現実世界の建築要件に基づいてプロジェクトにディテールが追加されていきます。これは、プロジェクトのコストを決定するのに役立ちます。建物の基礎となるコンクリートや視界を確保するためのガラスなど、必要な材料の量や面積を計算して建設予算を立てます。さらに、SketchUpを使って、ドア、階段、窓の位置や寸法を確認し、私が設計している建物が建築基準法に沿っているかどうかを確認します。

Quarry Stationのコンセプト、構造グリッド、ファサードのオプション
– SketchUpでモデリングし、V-Rayでレンダリングした。


SketchUpを使うもう一つの利点は、Sefairaを使用できることです。構想段階では、壁や窓、基礎などに数値を割り振り、国のエネルギー基準に適合しているかどうかを確認します。これらの数値はハイレベルなものですが、私や私たちのグループ、あるいはクライアントにとっては、提案された材料に影響を与えるような、その土地の気候に基づくエネルギー消費の大まかな見当がつきます。この分析結果をもとに、今回は当社のサステナビリティ・エンジニアと議論を始めました。建物の外壁を通したエネルギー損失の問題点や、機器や照明の必要電力の限界値、構造体やグレージングシステムの最小値などを確認することができます。この建物性能分析が完了すると、機械エンジニアに送られます。

Sefairaの分析を行った大学地区のオフィスビル。


デザインが完成したら、V-Rayでレンダリングします。4つのGPUを搭載したBoxxコンピュータを使えば、数分でレンダリングが完了します。私のチームでは、これらのレンダリング結果を提案書やプレゼンテーションにまとめ、クライアントに確認してもらいます。CADや3Dモデリングに慣れていない人でも、レンダリングを見れば、建物が完成したときの姿をイメージしやすく、承認を得たり、デザインの意図を伝えたりするのに適しています。

Computer Modelling Group – CMG Building (Courtesy of IBI Group)のV-Rayレンダリングイメージと施工イメージです。
SketchUpでモデリングし、V-Rayでレンダリングしました。


“ほとんどのプロジェクトは時間に制約があるので、SketchUp、V-Ray、Sefairaを使えば、これらの作業をかなり迅速に行うことができ、さまざまなデザインの選択肢をリアルタイムで提示することができます。また、SketchUpを使えば、建物を建設する際や、建設の組み立てをクライアントに伝える際に役立つディテールを3Dで表現することができます、と述べています。”

多世帯の木枠のディテール


もう少し掘り下げると、Sefairaはコスト削減に役立ちましたか?あるいは素材やシェーディングの種類を選ぶのに役立ちましたか?

一般的に、これらのエネルギーコードに準拠するにはコストがかかりますが、Sefairaの利点はどのシステムに注意を払う必要があるかがわかるので、適切な場所に努力を払うことができることです。素材についても、Sefairaを使うことで、素材の選択や、特定のシステムの使用を正当化することができます。例えば、Sefairaは、優れたグレージングコーティングを使用することで、エネルギー効率の高い建物を実現できることを紹介し、機械システムのアップグレードと比較して、追加費用を正当化します。同様に、壁のアセンブリを見ると、断熱性の高い壁、屋根、床のアセンブリがいかに建物のエネルギー効率に貢献するかがよくわかります。

チーム全体でのコラボレーションはどのように行っていますか?

デザインビルドのプロジェクトでは、チームのメンバーそれぞれが異なる役割を担っています。私はこれらの建物のコンセプトデザインの段階を担当していますが、SketchUpやCADの知識を持たないチームメンバーも、私がSketchUpやV-Rayを使って行った作業に基づいてプレゼンテーションをまとめる手助けをしてくれています。さらに、Sefairaで始めた構造、機械、電気、さらにはエネルギー分析など、私たちのニーズを解釈してくれる建築家やエンジニアのチームがありますが、これがプロセスに影響を与え、さらなる設計の繰り返しにつながることもあります。最近のエネルギーコードでは、コンセプトの段階でエネルギー消費を考慮する必要があります。私たちは全員、異なるプログラムで共同作業を行っていますが、最初の設計はSketchUpから始めています。CADファイルはSketchUpからエクスポートするか、SketchUpファイルを他の3Dソフトウェアにインポートできるようにクリーンアップします。

Quarry Parkの航空写真とQuarry Station Sites(手前)をレンダリングしたもの。
SketchUpでモデリングし、V-Rayでレンダリングしました。


コンセプトデザインにおいて、SketchUp、V-Ray、Sefairaを使うことで得られるメリットは何でしょうか?

“SketchUpで詳細な設計プロジェクトを迅速かつ直感的にまとめられることは、私の役割にとって重要です。建築的なアイデアをモデル化し、それを共有することには、いつも感心させられます。3Dモデルをフォトリアリスティックにレンダリングしたり、エネルギー消費量を検討したりする機能を加えれば、契約を獲得したり、クライアントからプロジェクトの承認を得たり、市当局から建築物の承認を得たりするのに役立つ完璧な組み合わせとなります。”


大学地区オフィスビルのエントリーレンダリングは、開発許可承認のために、
トランジットストップへのエントリーの移行を説明するために使用されました。
SketchUpでモデル化し、V-Rayでレンダリングしました。


あなたとあなたのチームの次の目標は何ですか?他にも試してみたい技術はありますか?

私たちはいくつかの土地を所有していますが、現実的で機能的なプロジェクトで新しいマスタープランをデザインすることを楽しみにしています。レミントングループの優秀なチーム(Randy、Cody、Jamie、Ryanに拍手)と一緒に仕事をすることで、この仕事は楽しくやりがいのあるものになっています。今後は、カルガリーやエドモントン、その他の地域で、より大きな複合施設のプロジェクトを手がけたいと思っています。
ここでは、これまでに手がけたプロジェクトをご紹介します。

SketchUpでモデリングされ、3ds MaxでレンダリングされたQuarry Riseのイメージ。
(提供:IBI Group & RKA Visual)


リドのレンダリングと最終現場写真。(Courtesy of Battistella Developments & IBI Group)
SketchUpでモデリングし、V-Rayでレンダリングしました。