SketchUpPro Japan

機能紹介

3D Tool Box

        

SketchUp Viewer for HoloLens

SketchUp Viewer for HoloLensは、SketchUp Proで作成したモデルをMicrosoft HoloLensで閲覧するためのビューアーです。

SketchUp Viewer for HoloLens上に展開した複合現実(MR)のモデルは、必要に応じて再構成したり再スケーリングすることが可能です。
また、1:1のスケールでモデルを展開することが可能なので、実際の規模のモデルに没入し、そのデザインや構造をリアルに体感することができます。

HoloLensでSketchUpモデルを閲覧するには以下の物が必要です。

  1. SketchUp Pro2016/Pro2017/Pro2018
  2. Microsoft HoloLens
  3. SketchUp Viewer for HoloLens(有料)
  4. AR│VR Extensionプラグイン(無料)
  5. Microsoft HoloLensアプリ(無料/このアプリは必須ではありません)

SketchUp Pro(2016/2017/2018)にAR│VR Extensionプラグインをインストールすると、SketchUp ProからSketchUp Viewer for HoloLensに直接モデルを転送することが出来ます。





ご購入前に

SketchUp Pro2016以降のバージョンをお持ちの方で、SketchUp Viewer for HoloLensを購入したいがどのようなものかよくわからないという方のために無料にてデモを行います。
デモをご希望の方はお問合せください。日程を調整のうえ予約をさせていただきます。
※お問合せの際は、必ずお持ちのSketchUp Pro(2016以降のバージョン)のシリアル番号をお知らせください。
※原則として弊社にご来社いただいてのデモになります。


ご購入方法

SketchUp Viewer for HoloLens    187,500円(消費税別)

SketchUp Viewer for HoloLensの購入をご希望の方は個別に対応させていただきます。
ページ下の「SketchUp Viewer for HoloLens お問合せ票」(PDF)に必要事項を記入のうえ、FAXまたはメールに添付してお送りください。
折り返しメールにてご連絡をさせていただきます。

納品物

SketchUp Viewer for HoloLensはパッケージなどの納品物はございません。
ご購入いただいた方には認証方法の記載されましたPDFをメールにてお送りいたします。
納品書は別途郵送にてお送りいたします。

導入支援

SketchUp Viewer for HoloLensはサポート対象外となります。

SketchUp Viewer for HoloLensと併せてアフターサポートパックをご購入いただいた方には、お客様のデバイスを使用して基本操作のトレーニングを実施いたします(2時間程度)。
また、トレーニング実施後1ヶ月以内はメールによるサポート対応をいたします。それ以降はノンサポートとなりますのでご了承願います。
※トレーニングマニュアルあり。
※原則として弊社にご来社いただいてのトレーニングになります。
※お客様先へ訪問してのトレーニングの場合、交通費・宿泊費が別途発生いたします。

SketchUp Viewer for HoloLensをMicrosoft社から購入された方も、アフターサポートパックをご購入いただくことが可能です。

【アフターサポートパック料金】  ※以下の価格には別途消費税がかかります。

  • SketchUp Viewer for HoloLensを弊社でご購入いただいた方      50,000円
  • SketchUp Viewer for HoloLensをMicrosoft社からご購入いただいた方 100,000円

※コラボレーション機能についてのトレーニングまでご希望の方は追加料金が発生します。

有償アフターサポートパックは、SketchUp Pro2016/Pro2017Pro2018をお使いのお客様に限ります。


SketchUp Viewer for HoloLensの購入をご希望の方、導入支援をご希望の方は、以下のPDFに必要事項を記入のうえお問合せください。
SketchUp Viewer for HoloLens お問合せ票 [PDF|125KB]

動作環境

・SketchUp Pro2016/Pro2017/Pro2018のいずれかが動作していること。
・Microsoft HoloLens必須。
※廉価版HoloLensでは動作いたしません。

技術情報の詳細 【モデルの制限】
転送、閲覧可能なSketchUpモデルは、
・面の数が200,000を超えない
・使用するイメージファイルのサイズが500px × 500pxを超えない
という目安がありますが、モデルのファイルサイズ等によってはこの範囲内でも転送、閲覧できない場合があります。
【サポートに関して】
SketchUp Viewer for HoloLensはサポート対象外となります。
アフターサポートパックをご購入いただいた方は、基本操作トレーニングとトレーニング実施後1ヶ月以内のサポート対応をいたします。
※サポートはメールにて受付いたします。
注意事項 ・廉価版HoloLensでは動作いたしません。
・SketchUp Viewer for HoloLensはサポート対象外の商品となります。
 トレーニングおよびサポートをご希望の方は、有償でのアフターサポー
 トパック
をご利用ください。
・SketchUp Viewer for HoloLensのご購入、ご使用にはMicrosoftアカウ
 ントが必要です。
・SketchUp Viewer for HoloLensのライセンスは、1ライセンスにつき、
 1Microsoftアカウントでのみご使用になれます。
 1Microsoftアカウントでご使用できるデバイスについては、Microsoft
 へお問い合わせください。

SketchUp Viewer for HoloLensはこんなことができます

  • SketchUp Viewer for HoloLensのホーム画面からローカルに保存されているモデルをHoloLensに表示できます。
    インターネットを経由して3D WarehouseやTrimble Connectのモデルを参照できます。
  • テーブルトップビュー、没入型ビューを切り替えることにより実空間で3Dモデルを見たり、そのモデルに没入することができます。
  • モデルの寸法を測定することができます。
  • SketchUpのシーンをSketchUp Viewer for HoloLensで表示することができます。
  • SketchUpで作成されたモデルにレイヤーが含まれている場合、SketchUp Viewer for HoloLensで表示することができます。
  • コラボレーション機能を使用すると、モデルを複数人で同時に体験することができます。

モード

テーブルトップビュー:拡大または縮小したモデルの不ホログラムを自分の前に置くことができ、すべての側面からモデルを見ることができます。 
実空間でモデルの周りを歩き回ることで、モデルが目の前においてあるかのように完全な3Dで見ることができます。

[弊社事務所の床にモデルを配置した状態です。]

没入型ビュー:SketchUp Proで作成したモデルの中に入り込むことができます。
実際のモデル空間がどのように感じられるかを体験できます。

[屋内モデルに入っている状態:背景に弊社の机とパソコンが見えます。]

[上の画像と同じ状態で、自身のアバターを表示させています。]

アカデミックライセンスのご購入について

必ず「アカデミックライセンスについて」をお読みいただき、ご注文をお願いいたします。

→ 「アカデミックライセンスについて」を読む

購入ページへ