Rhinoceros 6

機能紹介

rhinoceros6

Rhino 6 の機能

Rhino 6 では、多くの方に人気のあるビジュアルプログラミング言語であるGrasshopperが一緒にインストールされるようになりました。
Grasshopperはベータでなくなり、安定した開発のサイクルに入りました。また、生産性が更に向上するように抜本的な見直しが必要だったいくつかの機能を書き換え、ワークフローを改善しました。

[Grasshopper]
世界で最も「美しい」プログラミング言語であるGrasshopperを標準搭載しました。
ここ10年程の間、いくつかの最も野心的なデザインプロジェクトで使用されてきたGrasshopperは、Rhinoのように信頼性の高い開発プラットフォームとして使用されてきています。
Grasshopperは環境分析からロボット制御まで多岐にわたる数多くのすばらしいサードパーティのコンポーネントのための強固な基盤を提供します。

[プレゼンテーション]
デザインのほぼすべての段階で、クライアント、顧客、コラボレーター、そして社会全体とコミュニケーションを取って同意を得るために、プレゼンテーションは極めて重要です。
そのために私共はプレゼンテーションツールを更に向上させました。「素早くラフな」プレゼンテーション、「洗練されて高級感のある」プレゼンテーション、いろいろな形のプレゼンテーションの作成が可能です。レンダリング、マテリアル、単なるビューポートのキャプチャに至るまで改良を加え、プレゼンテーション、ディスカッション、イテレートがより簡単に迅速に行えるようになりました。

[表示]
Rhinoの新しいディスプレイパイプラインは、より高速で安定性があり、GPU依存シェーダーやメモリの最適化など新しいグラフィックスハードウェで見られる機能を使用します。
これにより、大きなモデルを扱っている場合でもGPU特有の表示問題が少なくなり、より安定した、美しい、高頻度のフレームが望めます。条件によっては、表示スピードが最高300%まで上がることがあります。

[ドキュメンテーション]
モデリングはデザインプロセスの単なる一部であり、モデルがどのようにして作成されるのかを見せることも必要です。
注釈スタイルのインターフェイスの全面的な改良、よりよいDWGのサポート、そしてRichTextに渡って図面作成のワークフローの多くの部分の改良を行いました。
その結果、デザインの何であるかそしてどのようにできるのかをより正確に簡単に伝えることができるようになりました。

[ライセンス&管理]
Rhinoのインストール、設定をより簡単にするために力を注ぎました。Rhinoのライセンスの管理を行う新しいCloud Zooを用意しました。また、新しい必要システム構成をご確認ください。

[Make2D]
Make2Dを完全に書き直し、より高速できれいな、よりカスタマイズのできる結果を得られるようにしました。

[総合的な改良]
Rhino 6では今まで操作で不便に感じていた細かなことを、より使い勝手がよくなるように改良しました。多数のマイナーなバグを修正し、似ている機能を統合しました。

[開発プラットフォーム]
Rhinoは単なるモデラーとしてとどまりません。豊かなプラグインのエコシステムとオープンセットの開発ツールにより、Rhinoはデザインにもっと高いレベルを求める方達から急速に開発プラットフォームとして選択されるようになってきています。
Rhino 6では、APIの改良、より良いドキュメンテーション、そしてGrasshopperからアクセスできるRhinoのコマンドを増やすことにより、私共の無償のSDKに大幅な改良が加えられました。

[Serengeti]
Rhinoは常に改良をされています。Rhino 6のユーザーの方はSerengetiコミュニティ、そしてRhinoの最新のWork-In-Progress(WIP)にアクセスしていただくことができます。
WIPビルドでは将来搭載予定のSubDのサポート、Grasshopper 2、新しいリアルタイムレンダリングエンジン、そしてその他の機能の開発をご覧いただけます。

製品の特徴

Rhinoは、 NURBS*曲線やサーフェス、そして ソリッド、点群、ポリゴンメッシュの作成、編集、解析、ドキュメント、レンダリング、アニメート、変換ができます。ハードウェアの条件が許す限り、複雑さ、次数、サイズに制限はありません。

[モデル作成ツール]
点、曲線、他のオブジェクトからの曲線、サーフェス、ソリッド、メッシュ

[編集]
一般ツール、変換ツール、点と曲線、サーフェス、ソリッド、メッシュ

[インターフェイス]
ユーザーインターフェイス、モデリング補助

[表示]
表示機能には、非常に高速な3Dグラフィック、制限のないビューポート、シェーディング作業ビュー、パース作業ビュー、名前の付いたビュー、フローティングビュー、フルスクリーン表示、3Dステレオビューモード、描画順序のサポート、2点パース、クリッピング平面、モデルをフルサイズで表示する1対1スケールが含まれます。

[レンダリング]
Rhinoレンダー、レイトレースレンダー(テクスチャ、バンプ、ハイライト、透明度、ホットスポットのあるスポット光源、角度と方向コントロール、点光源、指向性光源、矩形光源、線光源、シャドウ、カスタマイズ可能な解像度)、リアルタイムレンダリングプレビュー、選択オブジェクトのリアルタイムレンダリングプレビュー、ターンテーブル、レンダラーによって多くよく使われるファイル形式へのエクスポート、レンダリングプラグインサポート、ファイルに保存される設定。

[図面作成]
物理的なプロダクトデザインでは、技術説明図や2D図面が、デザイン、開発、そしてファブリケーションの案や仕様、指示などを簡潔に伝えるために用いられます。Rhino 6の開発目標の1つは、世界各地で使われている様々な分野のすべての表記方法やスタイルを使って、2D図面や説明図を簡単に作成できることでした。

注釈オブジェクトには次が含まれます: 矢印、ドット、寸法(水平、垂直、平行、回転、半径、直径、角度)、テキストブロック、引出線、隠れ線処理、テキストのUnicode(2バイト)のサポート、寸法、注記。 パースビューの寸法もサポートしています。

[メッシュツール]
信頼性の高いメッシュのインポート、エクスポート、作成、そして編集ツールは、デザインのすべての段階で必須です。

  • デジタイズやスキャンからキャプチャされた3DデータをメッシュモデルとしてRhinoに取り込みます。
  • SketchUpやModoなど、多くのアプリケーションとメッシュデータをやり取りします。
  • 分析やレンダリングのためにメッシュをエクスポートできます。
  • プロトタイプ作成、ファブリケーションのためにメッシュをエクスポートできます。
  • 表示やレンダリングのためにNURBSをメッシュに変換します。

3Dトポグラフィーや大きな都市などの地形の表現や表示を正確に行えるように、新しい、または機能強化されたメッシュツールの搭載、そして倍精度のメッシュのサポートが行われています。

[3Dキャプチャ]
既存の3Dデータをキャプチャすることは、デザインプロジェクトの最初のステップになることが多いです。Rhinoは、3Dデジタイジングハードウェアやスキャンされた3D点群データを常に直接サポートしてきました。Rhino 6は、次のサポートを行うようになりました。

  • 大きな点群:3Dスキャナがより高速になって価格が下がり、サイズの大きいスキャンファイルが一般的になってきました。Rhinoの64ビットのサポートとグラフィック・コプロセッサの強化されたサポートが、大きな点群での作業を可能にします。
  • LIDAR:建築、考古学、地質学、土地の使用計画、測量、輸送/交通、そして風力発電地帯、太陽発電地帯、移動通信用鉄塔の配置の最適化などのための3D地形データをキャプチャします。Windows版Rhino 6は、これらの新しいRhinoのユーザーの方に特別なツールを提要する RhinoTerrainなどのプラグインの強力なサポートを追加しました。

3Dデジタイジングのサポート: MicroScribe、 FaroArm、 Romer/Cimcore

[解析]
デザインの実現化には、デザイン、プレゼンテーション、分析、ファブリケーションの各段階で、高品質の3Dが必要です。Rhino 6には、お客様のプロセス全体で使用される3Dモデルが、可能な限り高品質であることを確かにする、新しいツールと機能改良が搭載されています。

[互換性]
Rhinoは、数多くの異なるCAD、CAM、CAE、レンダリング、およびアニメーション製品と互換性があります。openNURBSライブラリにより、Rhinoのネイティブの3DMファイルを他の多くのアプリケーションを使用して読み書きできます。
サポートされているファイル形式はこちら

[Grasshopper]
Grasshopperは、Rhinoと一緒にインストールされるグラフィカルアルゴリズムエディタです。
RhinoScript、Rhino.Python、またはその他のプログラミング言語と異なり、Grasshopperはプログラミングやスクリプティングの知識が必要ありません。開発者やでデザイナーがコートを書く必要なしに、形状ジェネレーションアルゴリズムを開発することができます。