[アップグレードキャンペーン]Rhinoceros 7 アップグレード

[アップグレードキャンペーン]Rhinoceros 7 アップグレード

機能紹介

Rhinoは、 NURBS 曲線やサーフェス、そしてソリッド、 サブディビジョンジオメトリ (SubD) 、点群、ポリゴンメッシュの作成、編集、解析、ドキュメント、レンダリング、アニメート、変換ができます。ハードウェアの条件が許す限り、複雑さ、次数、サイズに制限はありません。

Rhinoの特徴

モデル作成ツール


以下のツールが用意されており、自由自在にモデリングができます。
点 / 曲線 / 他のオブジェクトからの曲線 / サーフェス / ソリッド / メッシュ

Rhino 7では既存ツールの改良に加えて、新しいコマンドを搭載しました。
SubD / BlendSrf / Revolve / MatchSrf /DupBorder / FilletSrf


編集


一般ツール、変換ツール、点と曲線などの機能に加えて、Rhino 7では以下の機能が搭載されて、複雑なモデルの編集が高速で簡単に行えます。
名前の付いた選択セット / 曲線やサーフェスの交差 / BlendEdge / ブール演算


レンダリングとプレゼンテーション

ほとんどのデザインプロジェクトでは、高品質のプレゼンテーションが欠かせません。
Rhinoには以下の機能が含まれています。
Rhinoレンダー / レイトレースレンダー(テクスチャ、バンプ、ハイライト、透明度、ホットスポットのあるスポット光源、角度と方向コントロール、点光源、指向性光源、矩形光源、線光源、シャドウ、カスタマイズ可能な解像度) / リアルタイムレンダリングプレビュー / 選択オブジェクトのリアルタイムレンダリングプレビュー / ターンテーブル / レンダラーによって多くよく使われるファイル形式へのエクスポート / レンダリングプラグインサポート / ファイルに保存される設定

Rhino 7では新たに以下が搭載されました。

  • CPUとGPUハードウェアの両方の高度な使用方法を含む最新のプログレッシブレンダリング技術を搭載しました。
  • ノイズ除去: Rhinoでノイズ除去のポストエフェクトフィルタを使い、美しいレンダリングをわずかな時間で作り出すことができます。これらのポストエフェクトフィルタは人工知能の技術を用いてドラフトレンダリングからザラザラした「ノイズ」を除去します。劇的に短縮された時間で質の高いイメージを手に入れることができます。
  • プラグイン拡張可能なポストエフェクト、トーンマッピング、および最終イメージフィルタ
  • 物理ベースのレンダリング (PBR) マテリアル: PBR(物理ベースのレンダリング)マテリアルは、リアルな外観のマテリアルを求めるレンダリングのプロにとって、レンダリングやプレゼンテーションに最適な選択肢です。PBRマテリアルは、マテリアルライブラリ、コンテンツ オーサリング、スキャンアプリケーションの 標準 となりつつあり、多くの最新のアプリケーションでサポートされています。PBRマテリアルは、Rhinoのレンダリングエンジンとビューポートでネイティブにサポートされています

図面作成

物理的なプロダクトデザインでは、技術説明図や2D図面が、デザイン、開発、そしてファブリケーションの案や仕様、指示などを簡潔に伝えるために用いられます。Rhinoの開発目標の1つは、世界各地で使われている様々な分野のすべての表記方法やスタイルを使って、2D図面や説明図を簡単に作成できることでした。

注釈オブジェクトには以下が含まれています。
矢印 / ドット / 寸法(水平、垂直、平行、回転、半径、直径、角度) / テキストブロック / 引出線 / 隠れ線処理 / テキストのUnicode(2バイト)のサポート / 寸法 / 注記 / パースビューの寸法をサポート

Rhino 7では以下の内容を追加しました。

  • レイアウト管理: レイアウトの管理用に縦方向にレイアウトの一覧が表示されるパネルを追加しました。レイアウトがあるモデルの作業が楽になります。
  • 7 強化されたテキストフィールド: テキストフィールドは、リンクされたプロパティや属性への変更が検出された時に動的に更新できる、テキストで使用できる特殊な式です
  • グラデーションおよび透明なハッチング: グラデーションと透明なハッチングを用いると、イラストや図を含むどのような2D表現でもきれいに描写することができます。
  • オブジェクトとレイヤによる表示色の透明度

デジタルファブリケーション

Rhinoの開発プロジェクトは、マリンデザイナーに、造船所でのデジタル制御の製造(ファブリケーション)機器を操作するのに使用できる可能性があるコンピュータモデルを作成するツールを提供する目的で、約20年前に開始しました。

私共は、デザインは作成されて使う人の手に渡されて初めて役に立つという事実に焦点を置いて、開発を進めています。現在は、デジタルファブリケーションや3印刷のテクノロジのコストが急に下がってきており、より多くのデザイナーが、3Dデジタルファブリケーション機器に直接アクセスすることができるようになりました。

私共は、ファブリケーション、製造、または製作プロセスのすべてのプロではありません。しかし、Rhinoのモデルがこれらのプロセスのために十分正確であること、またデザインのすべてのプロセスで使用できることにすることが現実になることを確実にすることに焦点を置いています。

Rhino 7では以下を追加しました。

  • シングルラインフォント: シングルラインフォントを使うと、CNCによる刻印の速度や質を向上することができます。
  • モールド作成ツール: 金型作成者や工具の設計者のために、Rhinoの金型作成ツールがモデル-検証-見直しのワークフローを支援します。

メッシュツール

  • デジタイズやスキャンからキャプチャされた3DデータをメッシュモデルとしてRhinoに取り込みます。
  • SketchUpやModo®など、多くのアプリケーションとメッシュデータをやり取りします。
  • 分析やレンダリングのためにメッシュをエクスポートできます。
  • プロトタイプ作成、ファブリケーションのためにメッシュをエクスポートできます。
  • 表示やレンダリングのためにNURBSをメッシュに変換します。

Rhino 7では

  • QuadRemesh: 既存のサーフェス、ソリッド、メッシュ、またはSubDから素早く四角メッシュを作成します。レンダリング、アニメーション、CFD、FEA、リバースエンジニアリングに最適です
  • 改善されたメッシュの交差結果

3Dキャプチャ

Rhinoは、3Dデジタイジングハードウェアやスキャンされた3D点群データを常に直接サポートしてきました。Rhino は、次のサポートを行うようになりました。

  • 大きな点群: 3Dスキャナがより高速になって価格が下がり、サイズの大きいスキャンファイルが一般的になってきました。
  • Rhinoの 64ビット サポートと グラフィック・コプロセッサ の強化されたサポートが、大きな点群での作業を可能にします。
  • LiDAR は、建築、考古学、地質学、土地の使用計画、測量、輸送/交通、そして風力発電地帯、太陽発電地帯、移動通信用鉄塔の配置の最適化などのための 3D地形 データをキャプチャします。Windows版Rhinoは、これらの新しいRhinoのユーザーの方に特別なツールを提要する RhinoTerrain™ などのプラグインの強力なサポートを追加しました。

3Dデジタイジングのサポート: MicroScribe®、 FaroArm® 、 ROMER - Windowsのみ


解析と診断

デザインに実現化には、デザイン、プレゼンテーション、分析、ファブリケーションの各段階で、高品質の3Dが必要です。Rhinoには、お客様のプロセス全体で使用される3Dモデルが、可能な限り高品質であることを確かにするツールが搭載されています。

解析: 点、長さ、距離、角度、半径、バウンディングボックス、法線方向、面積、面積重心、面積モーメント、体積、体積重心、体積モーメント、流体静力学情報、サーフェス曲率、幾何学連続性、偏差、一番近い点、曲線およびサーフェス上の曲率グラフ、オープンエッジ、作業サーフェス解析ビューポートモード(ドラフト角度、ゼブラ縞、サーフェス色ブレンドを用いた環境マップ、エッジを表示、オープンエッジを表示、ガウス曲率平均曲率、曲率の最小または最大半径)。

Rhino 7では新たにいkの機能が搭載されました。

  • EdgeContinuityが、細い線マークを使用して、エッジのペア間の距離、接線、および曲率を視覚化します。
  • PointDeviation: 最大距離と最小距離の統計を追加しました。
  • 干渉の検出: 新しいGrasshopperのコンポーネントです。

大きなプロジェクト


大きなプロジェクトやチームのファイルの管理ツールには次が含まれます: 注記、テンプレート、ファイルの統合、選択オブジェクトのエクスポート、簡易保存、連番を付けて保存、ビットマップファイルのプレビュー、Rhinoのファイルのプレビュー、原点を設定してエクスポート、ワークセッション(Windows版のみ)、ブロック、メッシュとプレビューイメージのファイルの圧縮、メールでのファイル送信。


互換性


Rhinoは、数多くの異なるCAD、CAM、CAE、レンダリング、およびアニメーション製品と互換性があります。 openNURBS ライブラリにより、Rhinoのネイティブの3DMファイルを他の多くのアプリケーションを使用して読み書きできます。

サポートされているファイル形式はこちら (外部ページが開きます)


Rhino 7 の機能

有機的な形状を作成できる SubDツール 、RhinoやGrasshopperをRevit®のアドオンとして実行できる Rhino.Inside.Revit 、NURBSジオメトリやメッシュから整った四角メッシュを作成できる堅牢な QuadRemesh アルゴリズムを新規に搭載し、まったく新しいモデリングワークフローを実現しました。また、多くの既存の機能に改良を加えました。

 

[SubD]


高精度で有機的な形状のモデリングがさらに簡単になりました。押したり(プッシュ)引いたり(プル)の操作でリアルタイムで複雑なフリーフォームの形状を探索することができます。


[Rhino.Inside.Revit]


Rhino.Inside.Revitは、RhinoとGrasshopperの力をAutodesk Revit®の環境に統合します。


[QuadRemesh]


既存のサーフェス、ソリッド、メッシュ、またはSubDから素早く四角メッシュを作成します。レンダリング、アニメーション、CFD、FEA、リバースエンジニアリングに最適です。


[プレゼンテーション]

Rhino 7では、Rhinoのレンダリングエンジンを大幅にアップデートしてワークフローを合理化することでプレゼンテーションツールを改良しました。それにより、レイトレースビューポートで得られる外観変更をまったく行う必要なくレンダリングできるようになりました。また、PBRマテリアルのサポート、LayerBookコマンドなどを追加しました。


[ドキュメンテーション]

Rhino 7では、ドキュメンテーションのワークフローに多くの改良を加えました。また、透明やグラデーションのハッチングのようにグラフィカルな機能を強化したイラストレーションツールの搭載も行いました。


[Grasshopper]

Rhino 7では、Grasshopperにいくつかの新しいコンポーネントを追加しました。また、プログラムをプラグインにするのを簡単にすることを可能にしました。


[ワークフローの改善]

Rhino 7では多くのバグ修正、ワークフローの改善が行われました。


[表示]


表示機能には、非常に高速な3Dグラフィック、制限のないビューポート、シェーディング作業ビュー、パース作業ビュー、名前の付いたビュー、フローティングビュー、フルスクリーン表示、3Dステレオビューモード、描画順序のサポート、2点パース、クリッピング平面、モデルをフルサイズで表示する1対1スケールが含まれます。

Rhino 7では以下の機能が搭載されました。

  • ネストされた複数のブロックがあるモデル、多くの詳細ビューがある複数のレイアウト、数多くのテキストオブジェクトがあるモデルなど、いくつかのモデルで表示が大幅に高速化されています。
  • レンダリング表示モードがリアルタイム作業モードでより光をキャプチャするようになりました。
  • ビューポートとRhinoレンダーが同じレンダリング設定を使用するようになりました。
  • レイヤやオブジェクトで透明色がサポートされるようになりました。
  • ポリサーフェスやSubDで面単位で色を設定できるようになりました。