SketchUp Pro for Construction ベーシック

モデリング強化機能

機能概要


モデリング強化機能は、本機能を使ったオブジェクトはプロファイルメンバー、アセンブリと呼び、パラメトリックモデリングを可能としモデリングの高速化を実現します。
複雑な形状のモールディングやガードレールや外構フェンス、電灯や電柱レイアウトやH鋼材の作成やファブリケーションなどインテリアからエクステリア、ランドスケープや土木施工表現など幅広い分野で効率化が図れます。

機能紹介

  • オリジナルのオブジェクトを作成しパラメトリックに配置が可能
  • フォローミーツールのように断面形状からパスに沿って3Dオブジェクトを作成できますが、形状の長さをパスの長さで情報を保持するため、折れ曲がった形状などの表面積、体積、長さが正確に取得できます。
  • パラメトリックな穴や開口部を作成できる「穴ツール」を搭載
  • 曲面パスに沿ったオブジェクトの配置が可能
  • 任意で設定したスパンでオブジェクトを配置することが可能
  • スロープ(角度のある面)にオブジェクトを面に沿って配置することが可能
  • 断面形状の異なるオブジェクトを接合した場合、トリムして納めます。