SketchUpPro Japan

機能紹介

3D Tool Box

        

News

サポート&メンテナンスの更新に関して

2017.09.29

SketchUp Pro2013以降のバージョンをお使いのお客様は、サポート&メンテナンスの期限が切れてから3年を経過いたしますと期限の更新を行うことができなくなります。
最新バージョンをお使いいただく場合、アップグレードではなく新規でライセンスの購入が必要となります。


サポート&メンテナンスの期限が切れてから間もなく3年が経過するSketchUp Proを所有されていらっしゃるお客様で、まだ更新手続きをなさっていない方がいらっしゃいます。
最新のバージョンにアップグレードをなさらない場合も、期限の更新のみ行っていただくことをお勧めいたしますので、早めのご検討をお願い申し上げます。


サポート&メンテナンスについてはこちらをお読みください。
ご自身がお持ちのSketchUp Proの期限がお分かりにならない場合は、上記ページの一番下にある枠にシリアル番号とオーソライズ番号(認証コード)を入力していただきますと期限が確認できます。

【必ずお読みください】
●期日は米国時間でのカウントとなります。ぎりぎりでのご注文の場合、米国開発元との時差の関係で更新手続きが出来なくなる場合がございます。
システムでの更新となるため、1日でも過ぎますと一切の手続きができなくなります。
また、ご注文は弊社営業時間内での対応となります(弊社は土日祝日はお休みとなります)ので、余裕をもってご注文を行ってください。


●SketchUp Pro2017Jは、以前のバージョンよりも求められるスペックが高くなっております。
アップグレードをなさる前に動作環境をご確認のうえ、評価版をダウンロードして動作確認を必ず行ってください。
SketchUp Pro2017J評価版で動作しない場合、製品版でも同様に動作いたしません。
また、旧バージョンの評価版および旧バージョンが動作していても、SketchUp Pro2017が動作するとは限りませんのでご注意ください。
お使いのパソコンが動作環境を満たしていない場合は期限の更新のみ行い、SketchUp Pro2017Jのシリアル番号はライセンス認証を行わずに保管をお願いいたします。

  • ニュース一覧へ

アカデミックライセンスのご購入について

必ず「アカデミックライセンスについて」をお読みいただき、ご注文をお願いいたします。

→ 「アカデミックライセンスについて」を読む

購入ページへ