NEW FEATURE

Twinmotion2022 新機能

Twinmotion 2022は、建築、建設、土木、インテリア、都市計画、造園などの業界向けの美麗なビジュアライゼーションやイマーシブな体験をさらに簡単に制作し、共有するための新機能を多数提供します。

使用画像はEpic提供

NEW FEATURE - 1

物理的に正確なレンダリング手法

パストレーサー

新しいパストレーサーを使用して妥協のないグローバルイルミネーション、物理的に正確な屈折、スーパーサンプリング アンチエイリアシングなど多くの特長を備え、フォトリアルスティックな最終ピクセル画像を作成しましょう。

この新しい DXR アクセラレーション* を備えた物理的に正確なプログレッシブ レンダリング モードはビューポートで一回ボタンを押すだけで簡単に有効にすることができ、美しいな静止画やパノラマを Twinmotion からほんのわずかな時間で出力することができます。シャドウを伴う正投影の上面図 をレンダリングすることも可能です。

* パストレーサーを使用するには、Windows DirectX 12と、DXR リアルタイム レイトレーシングに対応した GPU が必要になります。
詳細についてこの記事を参照してください。

NEW FEATURE - 2

3Dレーザースキャンデータの活用

LiDAR点群データインポート

TrimbleやLeicaなどの3Dスキャナーやドローンで建築や産業用途に取得される一般的なフォーマットのレーザースキャンデータをインポートして表示する機能が追加されました。点群データで取り込んだ既存の風景や構造物の中でプロジェクトを表示することができます。またインポートしたデータの中をウォークスルーしたり、VR没入することも可能なので、現況を非常に簡単に再現することができます。

*対応フォーマット:E57(macOSは除く)、LAS、LAZ、XYZ、TXT、PTS
*Twinmotion Cloudへのアップロードはサポートされていません。
*点群データの編集機能はありません。

NEW FEATURE - 3

HDRIによる写実的な空・背景

HDRIスカイドーム/HDRIバックドロップ

HDRIを使用したスカイドーム機能が追加されました。パストレーサーと併用することにより、よりリアルな空とライティングを実現し、説得力のあるエクステリアショットを可能にします。285種類のHDRIがライブラリに時間別、天候別に用意されています。また独自のカスタムHDRIを使用することもできます。

【Twinmtoion 2022.2 新機能】
インドア、アウトドアの周辺環境や撮影スタジオ環境用のHDRIが用意され、バックドロップ(背景)として配置できるようになりました。HDRIにより実際の明るさを表現することで、より写実的な背景を表現します。

*HDRI対応フォーマット:EXR、HDR
*HDRIはクラウドよりダウンロードして使用しますので、インターネット接続が必要です。

NEW FEATURE - 4

強化されたクラウド機能

Twinmotion Cloudの強化

Twinmotion Cloudは世界中のあらゆる場所にいるステークホルダーとプロジェクトを共有することが可能ですが、そのデバイスとして新たにタブレット、スマートフォンが加わりました。共有可能なコンテンツは従来のプレゼンテーションのほか、パノラマセットが追加されました。ユーザーは各デバイスのブラウザからコンテンツのリンクを開き、クラウド上のハイエンドGPUで実行されるプレゼンテーションやパノラマを閲覧、操作することができます。閲覧用のソフトをインストールする必要はありません。

【Twinmtoion 2022.2 新機能】
以下の機能が追加されました。

  • Twinmotion Cloud上でQRコードが自動生成されるようになり、タブレットやスマートフォンでのアクセスがより簡単になりました。
  • モーションセンサーがサポートされ、モーションセンサーに対応したデバイスでは、デバイスを動かすだけでシーンを見渡すことができるようになりました。
  • クラウド上の使用量が、RAMが4倍、VRAMが1.5倍に増えたことで、複雑なプレゼンテーションに対応できるようになりました。

*Twinmotionからプレゼンテーション、パノラマセットをアップロードするには、インターネット接続が必要です

NEW FEATURE - 5

複数CADからの同時ファイル同期

Datasmithマルチ同期サポート

CADにインストールしたDatasmithエクスポータープラグインを介して、複数のCADから同じTwinmotionシーンに同時にファイルを同期することが可能になりました。例えばSketchUp Proで作成したランドスケープとRevitでデザインした建物を一つのシーンに取り込むことができます。
また、SketchUp Pro、Rhino、ArchicadではDatasmithエクスポーターには自動同期機能が追加されました。

NEW FEATURE - 6

シーンを演出するアセットの追加

Quixel Megascansのカテゴリ、家具アセットの追加

Quixel Megascans から3D Plants(草花)、Decals(デカール)カテゴリが追加されました。2,000を超える新しいデカール、それぞれが複数のバリエーションを持つ 200種類以上の新しい 3D 植物に Twinmotionからアクセスできます。各 3D 植物セットは使用するバリエーションを選択することができます。
また、約 150 種類の新しいインテリアとエクステリア家具アセットが追加されました。
Twinmotionの標準デカールと新しい Quixel Megascansの Decalsの両方で、カスタムした反射、グロー、バンプ、金属的質感のテクスチャを使用できるようになりました。

【Twinmtoion 2022.2 新機能】
3Dコンテンツの共有、公開を目的としたWebプラットフォームであるSketchfabがTwinmtoionライブラリの統合され、クリエイティブ・コモンズの4つのライセンスカテゴリに属する 660,000 を超える無料アセットがドラッグ アンド ドロップでアクセスできるようになりました。

NEW FEATURE - 7

編集作業の効率化

全画面表示モードでの編集

全画面表示モードでオブジェクトの移動、回転、縮尺、コピー、貼り付け、削除などのさまざまな編集アクションを実行できるようになました。これにより、イマーシブな環境の中でシーンに変更を加えることが可能になります。

中心軸とローカル軸

オブジェクトのギズモ(軸)をオブジェクトのバウンディングボックス底面の中央に再配置できるようになりました。これによりオブジェクトから離れた位置にあるギズモを移動することができます。
またワールド指向のギズモからローカル指向のギズモに切り変えることが可能になりました。例えば坂道に自動車を配置するといった操作が簡単にできるようになりました。

より小さなシーンでの作業に対するサポート

【Twinmtoion 2022.2 新機能】
あらゆる規模のシーンで簡単に作業できるように、さまざまな変更を加えました。これには、新しい単位、小さなプロダクトでの作業に適した低速のナビゲーション速度2種類、カメラのニアクリッピング値と視野角の値を低く設定できる機能が含まれます。

NEW FEATURE - 8

インポートとエクスポートの機能強化

ファイルインポートの強化

【Twinmtoion 2022.2 新機能】
以下の機能が追加されました。

  • WebGLやOpenGLに対応したglTF形式をサポートしました。
  • 複数のファイルを同時にインポートできるようになりました。
  • Datasmithダイレクトリンク/.udatasmithインポートにて、Revit、Archcad、Rhino、3ds MaxのライトをTwinmotionのライトとしてインポートされます。

エクスポートの強化

【Twinmtoion 2022.2 新機能】
以下の機能が追加されました。

  • タイルベースレンダリング技術により、最大64Kの超高解像度で静止画や動画をレンダリングすることが可能になりました。この機能はビデオウォールなどの大型ディスプレイ向けのコンテンツに最適です。
  • パノラマとパノラマセットは16Kの解像度でエクスポートできるようになりました。
  • 静止画やパノラマのエクスポートに JPEG、EXR 形式が追加されました。

NEW FEATURE - 9

プラットフォームサポートの拡張

対応OSの追加

Twinmotion 2022.2 は、Windows 11と macOS Monterey(*) をサポートします。これにより、OSの選択肢の幅が広がりました。

*完全にサポートできるようになるまで、現段階ではM1、 M1 Pro、M1 Max、M2の使用は推奨しません。

TRIAL

体験版をダウンロード

今すぐはじめましょう

ご購入前に、体験版をお試しください。

EpicGamesアカウントでのログインが必要となります。アカウントをお持ちでない場合は、作成が必要となります。Twinmotionの動作環境は必ずこちらでご確認ください。

ご購入後にEpic Games Launcherが起動しないというお問い合わせが増えております。これはお使いのネットワークのセキュリティが原因で発生するものです。体験版による動作確認は、ご購入後にTwinmotionをお使いになるネットワーク環境にてお願いいたします。

また、ご利用のパソコンによってはできない場合がございますので、必ず動画のエクスポートの可否をご確認ください。エクスポート方法は、以下の動画をご参照ください。

EpicGamesサイトへ遷移します

エクスポート確認のためのデータはこちらからダウンロード願います。

お使いのパソコンが、Windows "N" または "NK" editions の場合、正しく動画がエクスポートされない場合があります。動画の指示に従って、動画のエクスポートに問題がないかをご確認ください。

エクスポートされる動画の長さ:6秒

エクスポート時間の目安:Geforce GTX 1060 with Max-Q Design搭載のノートパソコンで40秒

尚、このテストはあくまでも動画のエクスポートの可否をチェックするためのものです。