SketchUpPro Japan

機能紹介

3D Tool Box

        

SketchUp Pro

Layout2018

Folder-Tools-3
LayOut は SketchUp Pro に付属しているプレゼンテーション用 2D アプリケーションです。自分の構想を得意先や仲間に伝えるために、3D モデルからプロ級の設計ドキュメント、寸法付きの図面、プレゼンテーションを作成できます。
SketchUp Pro でモデルに変更を加えると、その変更は LayOut に自動的に反映されます。


縮尺図面の作成

長方形ツールなどのベクター描画ツールを使用して縮尺を設定した2D図面を作図することができるようになりました。寸法も縮尺に応じた表示となります。


DWG,DXFファイルのインポート

ファイル > 挿入 にて、DWGファイルやDXFファイルのインポートが可能になりました。
DWGまたはDXFファイルファイルを選択して「開く」をクリックすると以下のダイアログが表示されます。


また、インポートする空間を選択することができるようになりました。
紙面空間(ペーパー空間):ファイルに設定されたペーパー空間の名称がプルダウンメニューで選択できます。選択したペーパー空間のエンティティのみをインポートできます。
モデル空間(のみ):モデル空間のエンティティをインポートできます。
エンティティタイプの「SketchUpモデルリファレンス」にチェックを入れるとモデル空間のエンティティをSketchUpモデルの状態でインポートすることができます。


描画ツールの改善

選択ツール

線をダブルクリックすると、パスの編集モードになります。
パスの編集モード時にポイントや線分を選択するとハイライト表示されます。
目的のポイントや線分を選択して移動することができます。移動の際には座標値入力も使用できます。ポイントは追加や削除が可能です。追加する場合は、Altキーを押しながら線分をクリックし、削除する場合は、ポイントをクリックしてDelキーを押します。
編集モードでは、Altキー(MacはCommandキー)を押しながらパスのポイントでドラッグすると、曲線のポイントにすることができます。
パスの編集を終了する場合は、形状の外側をクリックします。

線ツール

既存の線の端から新たに線を作成すると、端部が結合されます。独立した線を作成する場合は、線ツールのコンテキストメニューで、「線の自動結合」のチェックを外します。

円弧ツール

円弧から「中央」スナップを使用できます。

2点円弧ツール

接線から円弧を作成することができます。
角に円弧を作成すると角丸めができます。
第3ポイントで「0」を入力すると面取りができます。

オフセット配列

オフセットした後、VCBに「/3」と入力すると内側配列になり、「x3」と入力すると外側配列になります。

詳細属性の挿入

SketchUpモデル内に詳細属性を設定したコンポーネントがある場合、そのコンポーネントに対してラベルを描画すると、詳細属性(価格、サイズ、URL、所有者、ステータス)のテキストボックスを表示することができます。

※オブジェクトスナップがオンの状態でラベルを作成する必要があります。
参照先のSketchUpモデルのデータが更新されると、ラベルの情報も更新されます。

グループ化の改善

SketchUpと同様にグループをダブルクリックしてグループ内の編集をする際に、グループ外のオブジェクトの明るさを調整したり、非表示にすることができるようになりました。
ファイル>ドキュメント設定の「グループ」 にて、「ドキュメントの残りをフェード」の設定を変更できます。


単位設定の改善

単位の精度がSketchUpと同等になりました。
ファイル>ドキュメント設定の「単位」にて「精度」のプルダウンメニューが以前は0.1まででしたが、SketchUp 2018から0.000001まで選択できるようになりました。


LayOutのロック

LayOutではこれまでレイヤにロックをかけることはできましたが、個別のオブジェクトやグループにロックをかけることができませんでした。SketchUp 2018からオブジェクトを右クリックした際のメニューに「ロック」が追加されました。
ロックされたオブジェクトを選択すると赤く表示されます。また、右クリックすると「ロック解除」を選択することができます。

アカデミックライセンスのご購入について

必ず「アカデミックライセンスについて」をお読みいただき、ご注文をお願いいたします。

→ 「アカデミックライセンスについて」を読む

購入ページへ