V-Ray 5 for SketchUp 学生・教員版

動作環境

V-Ray 5 for SketchUp動作環境

Windows MacOSX
CPU Intel Core iシリーズ もしくは 互換プロセッサ。SSE 4.2 サポート必須
メモリ 8GB以上 (16GB以上を推奨)
TCP/IP IPv4環境のみサポート。IPv6環境はサポートしておりません。
OS Windows 8.1, Windows 10 の 64bit版のみサポート Apple® Mac OS X 10.10.x以降
対応SketchUp SketchUp Make/Pro 2017/2018/2019/2020/2021(64bit版のみサポート)
※SketchUp Free(Web版)はサポートしておりません。
GPU GPU Accelaration機能を使用する場合 NVIDIA 社 Maxwell-, Pascal-, Volta-, Turing-世代以降のCUDAサポートGPUが必要。ドライバーのバージョン 411.31 以降が必要。
※V-Ray Vision の動作には、DirectX11またはDirectX12とShaderModel5.0機能をサポートするグラフィックカードが必要です。
※AMD(ATI)社 GPUはサポートしておりません。 ※OS X では V-Ray RT/GPU (GPU Accelaration機能)をサポートしておりません。
※Geforce/Quadroどちらでも動作致します。GPU速度はCUDAコア数およびメモリ量に依存します。

ChaosGroup License Server(ライセンスサーバー)動作条件

ChaosGroup License Server5.X:ライセンス認証の為の管理ツールです。V-Ray5 for SketchUpご使用に際して必ずインストールが必要です。

環境 TCP/IP[IPv4]ネットワーク環境(ライセンスサーバーを起動するためにインターネットに接続する必要はありません。)
ファイヤウォールを使用している場合、一時的に保護を無効にするか特定のportを空ける必要があります。
OS Windows 10/ 8.1各Professional or Serverの64bit版のみ
Mac OS X 10.7.x以降
Linux:CentOS 6/Debian 8/Fedora 17/openSUSE 13.0/Ubuntu 14.4
CPU Intel 64bit 互換プロセッサ (SSE4.2サポート必須)
メモリ 256MB の空き 推奨は512MB以上の空き
その他環境 ライセンス認証にはインターネット接続必須