SketchUp Pro2019J コマーシャルライセンス

SketchUp 2019の新機能

SketchUp Pro2019J

新しい「SketchUpへようこそ」ウィンドウ


「ファイル」タブ:新規モデルを作成する際のテンプレートを選択できます。
「学習」タブ:SketchUpフォーラム、SketchUp Campus、SketchUpビデオの各コンテンツにアクセスすることができます。
※各コンテンツは英語です。
「ライセンスを読み出します」タブ:ライセンス情報を表示することができます。


エッジライン表現の改善


エッジのラインを実線以外に点線や一点鎖線などの破線で表示できるようになりました。



破線の種類はレイヤに設定します。破線にするレイヤを作成して、レイヤダイアログの破線の項目のプルダウンメニューから破線の種類を選択します。


レイヤダイアログのデザイン変更


左から、「可視」「名前」「レイヤの色」「破線」「現在のレイヤ」の順番になりました。
可視がチェックボックスから目のマークになり、現在のレイヤがラジオボタンから鉛筆のアイコンになりました。


断面塗りつぶし機能の改善


SketchUp 2018では図形の一部の面が非表示の場合に断面の塗りつぶしが表示されませんでしたが、SketchUp 2019では表示されるようになりました。


メジャーツールでの測定の強化

メジャーツールでエッジや中点や端点、または面にスナップするとスナップした辺の長さ、面の面積、および中点と交差点の座標が数値入力ボックスに表示されます。


「ユーザー情報」アイコンが追加


「基本」ツールバーに「ユーザー情報」のアイコンが追加されました。
ライセンス情報にアクセスしたり、サインインまたはサインアウトをすることができます。


シーンの名前変更


シーンタブを右クリックしてシーンの名前が変更できるようになります。


その他

  • macOS Mojaveのサポート。
    但し、ダークモードには対応しておりません。
  • dwg2018ファイルのインポートに対応。

LayOut

新しい「LayOutへようこそ」ウィンドウ

SketchUpと同様に、「ファイル」「学習」「ライセンスを読み出します」のタブが表示されます。


ラインスタイルの変更が可能


SketchUpモデルインスペクタに「線の尺度」が追加され、ストローク幅と破線の縮尺を設定できるようになりました。


DWG/DXFエクスポートのオプション機能の追加


DWG/DXFエクスポートのオプション設定に「SketchUpにエクスポート」の項目が追加されました。
現在の用紙サイズでモデル空間にすべてのエンティティをエクスポートできます。


その他

  • dwg2018ファイルのインポートに対応。
  • DWG/DXFインポートの際にモデル空間単位を設定する項目が追加されました。