SketchUpPro Japan

機能紹介

3D Tool Box

        

Rhinoceros 5

rhinoceros

コンセプトをいち早く正確なカタチに

今日ものづくりを迅速かつ効率的に進めるためには、コンセプトをいち早く正確なカタチにし、設計、研究、開発、マーケティング、製造部門に伝えるためのツールが必要になります。手書きのスケッチや図面、スキャニングデータを基に、もちろんあなたの頭の中にイメージされたアイデアであってもRhinoceros(ライノセラス、通称ライノ)を用いれば、正確にモデリングすることはもちろん、モデリングされたデータからドキュメント作成のためのレンダリング、アニメーション、作図や解析、さらにはCAMのような加工データや建築設計データの生み出すことができます。

Rhino 5 for Mac発売開始

待望のRhinoceros5 Mac版の販売が開始となりました。
ご注意ください) Windows版とMac版では価格が違います。
 Windows版:129,600円(税込:139,968円・送料別)
 Mac版:78,000円(税込:84,240円・送料別)
 

Windows版/Mac版機能比較表

Windows版とMac版は機能に違いがあります。

Rhino Mac版 Rhino Windoes版
3Dモデリング iconCheck iconCheck
NURBSツール iconCheck iconCheck
メッシュツール iconCheck iconCheck
解析ツール iconCheck iconCheck
図面作成ツール iconCheck iconCheck
サポート iconCheck iconCheck
表示モード

iconCheck iconCheck
互換性 iconCheck
(38ファイル形式)
iconCheck
(47ファイル形式)
スクリプト
Win/Mac共通:Python、コマンドマクロ
iconCheck
(Atomエディタ)
iconCheck
(RhinoScript
スクリプトエディタ搭載)
プラグインのサポート サポートしません iconCheck
Grasshopper サポートしません iconCheck
レイアウト サポートしません iconCheck
ワークセッション サポートしません iconCheck
アニメーションツール サポートしません iconCheck
  • 商品仕様
  • 商品一覧
動作環境

Rhino 5 for Win
ハードウェア

  • Pentium, Celeronプロセッサあるいは互換性のあるマイクロプロセッサ
  • (デュアル、クアッドコア 64-bitプロセッサ推奨。但し63以上のCPUコアは適用外)
  • 1GBのハードディスク空き容量
  • 8GBまたはそれ以上のRAMを推奨
  • OpenGL 2対応グラフィックスボード
  • DVDドライブ
  • インターネット接続
  • インテリマウス

対応OS
Windows XP Pro SP3(32-bit), XP Home SP3(32-bit), Vista(32-bit/64-bit), 7(32-bit/64-bit), 8(32-bit/64-bit)
  • ※ インストールディスクには、32-bitおよび64-bit OS対応の両モージュール収録
    (intelMac上におけるBootCamp環境下も含む。VMWareやParallelsといったバーチャル環境での動作はサポートしません。)
  • ※ Windows NT, 95, 98, ME および 2000では動作しません
  • ※ 上記以外のMac OSXやLinux等では動作しません。

Flamingo, Penguin, Bongo, Brazilは、Rhino5の動作環境に準拠します。

Rhino 5 for Mac
ハードウェア
  • 64ビットCore 2 Duo Intelプロセッサまたはそれ以降が搭載されたApple Mac
  • 8GBまたはそれ以上のRAMを推奨
  • NVIDIAまたはAMDグラフィックスプロセッサを推奨
  • スクロールホイールのある複数ボタンのマウスを推奨

対応OS
OS X 10.8.5、10.9.5、10.10、またはそれ以降

技術情報の詳細 世界で最も汎用性の高い3次元モデラーRhinoceros 5。2,000種以上にもおよぶ機能拡張を組み入れより大規模なプロジェクトを高速に処理します。

曲線の生成
点、直線、ポリライン、円、円弧、四角形、多角形、スパイラル曲線、ヘリカル曲線、円錐曲線、通過点入力曲線、制御点入力曲線、トゥイーン新たにウインドウが開きます、フィレット/ブレンド/面取り/オフセット

曲線編集機能
制御点の移動、ウエイト編集による局所変形、ハンドルバー、面取り、次数変更、トリム、分割、延長、ノットの追加・削除、マッチング、フェアリング

サーフェスの生成
平面曲線、ロフト、矩形平面、押出し、回転、ブレンド、スイープ(1レール、2レール)、曲線ネットワークからの生成、イメージデータの色値から生成、フィレット/面取り、ブレンド、オフセット、点群から生成、可変フィレット/ブレンド/面取り/オフセット

サーフェス編集機能
制御点の移動、ウエイト編集による局所変形、ノットの追加・削除、サーフェスの制御点の再定義(UV方向)によるリビルド、サーフェス間の連続制御、次数変更、サーフェスの伸長、 結合、トリム、オフセット、トリムサーフェスのトリム解除サーフェスの展開

サーフェスから生成する3次元曲線
交線、外形線、サーフェス断面、投影、点・曲線・アイソカーブ・ワイヤフレームの抽出、トリムエッジ、サーフェスエッジの抽出、シルエット、メッシュの輪郭

ソリッドの生成
プリミティブ・ソリッド(球、楕円体、直方体、円錐、円錐台、トーラス、パイプ)、曲線・サーフェスからの押出し、ボス、リブ

ソリッドの編集
ブーリアン演算(和、差、積)、シェル

オブジェクトの変形操作
2D・3Dスケール、回転、ミラー、テーパ、シア変形、オブジェクトの投影、曲線沿い変形、配列コピー(矩形、環状、曲線沿い、サーフェス沿い)、ツイスト、べンド、テーパ、ストレッチ、フロー変形、ケージ編集、ボックス編集

モデリング支援機能
オブジェクトスナップ(端点、中心点、中点、接点、垂直点、制御点等)、グリッドスナップ、直交モード、ヒストリー、スマートトラック、ユニバーサル作業平面、ガムボール、クリッピング面

メッシュの生成
平面サーフェス、直方体、円柱、円錐、球体、NURBSオブジェクトから生成、イメージデータの色値から生成、サーフェス制御点から生成

メッシュの編集
ポリゴン・リダクション機能、面方向の反転、頂点の融合、メッシュ修復ウィザード

解析ツール
曲線・サーフェスの方向表示・方向反転、曲線長、距離、曲率、面積・体積・重心・モーメント測定、曲率、連続性、エッジ結合・分割、UV座標から点作成、サーフェス上の点のUV値表示、オープンエッジ表示、破損オブジェクト検出

サーフェス評価機能
勾配表示、ゼブラマッピング、環境マッピング、曲率解析表示

アセンブリ機能
ワークセッション、ブロック定義

2D機能
2Dイメージの生成、寸法表記・編集、注釈表記・編集、ハッチング、ページレイアウト

画面表示
ワイヤフレーム、シェーディング、レンダリング、ゴースト、X線、テクニカル、アーティスティック、ペン、OpenGL表示

レンダリング
レイトレーシングレンダリング、テクスチャマッピング、バンプマッピング、ディスプレイメントマッピング、反射、透過、光源(スポット・点・指向性・矩形・線)、ソフトエッジ・シャットライン・カーブパイプ効果

入出力フォーマット
※Win版/Mac版で対応ファイル形式が異なります。
対応表はこちらをご確認ください。(別サイトが開きます)
【入力】
3Dstudio, AdobeIllustrator, AutoCAD(dxf, dwg), DirectX, EPS, GHS, IGES, LightWave, Microstation, MicroBuilder, NextEngineScan, OBJ, OFF, PDF, PLY, Points(asc, csv, txt...), RawTriangles, ReconM, SketchUp, SLC, SolidWorks, STEP, STL, VDA, VRML, WAMIT, ZCorp
【出力】
ACIS, AdobeIllustrator, AutoCAD(dxf, dwg), COLLADA, Cult3D, DirectX, EnhancedMetafile, GHS, GoogleEarth, GTS, LightWave, MorayUDO, MotionBuilder, OBJ, Parasolid, PDF, PLY, Points, POV-Ray, RawTriangles, RenderMan, SketchUp, SLC, STL, VDA, VRML, WAMIT, WindowsMetafile, X3D, XAML, XGL, ZCorp

画像入出力フォーマット
BMP, Targa, JPEG, PCX, PNG, Tiff
評価版の
ダウンロード

http://www.rhino3d.co.jp/product/Rhino50/download.html

Evaluation(評価版)について
Rhinoceros5 評価版は使用回数制限付きのデモ版です。ご自由にダウンロードすることが出来ます。

  • ・Rhinoceros5 EvaluationはRhinoceros5のすべての機能を、Import/Export/Saveを含め、試すことが出来ます。
    (モデルデータを保存したり、IGES等への出力を25回まで行うことが出来ます。)
  • ・25回の試用後は、保存・出力ができなくなります。また、再インストールすることも出来ません。
  • ・試用後も、作成したデータを開いたり、操作したり、ヘルプを読むことは出来ます。
  • ・ダウンロードには220メガ程度の空き容量が必要です。

modeling tools for designers

今日ものづくりを迅速かつ効率的に進めるためには、コンセプトをいち早く正確なカタチにし、設計、研究、開発、マーケティング、製造部門に伝えるためのツールが必要になります。手書きのスケッチや図面、スキャニングデータを基に、もちろんあなたの頭の中にイメージされたアイデアであってもRhinoceros(ライノセラス、通称ライノ)を用いれば、正確にモデリングすることはもちろん、モデリングされたデータからドキュメント作成のためのレンダリング、アニメーション、作図や解析、さらにはCAMのような加工データや建築設計データの生み出すことができます。

カタチを創るためのすべてがここに
Rhinoがあればカタチを作り、編集し、解析、図面やレンダリング画像、アニメーションの作成、そして形状や次数、大きさの制約なしにNURBSカーブ、サーフェス、ソリッドを変換することができます。もちろんリバースエンジニアリングやラピッドプロトタイピングには欠かすことのできないポリゴンメッシュや点群データもサポートしています。

自由、それはカタチだけではありません
Rhinoが生み出す自由形状の3次元モデリング。あなたのイメージを正確にカタチにします。使われる分野も自由様々。工業デザインはもちろん、機械設計、金型設計、試作、製造、建築、宝飾、マルチメディア、FEM・CFD等解析など、Rhinoは使う人や分野を制約することはありません。

小さなものから大きなものまで
高精度な金型や人工心臓といった精密製品から、航空機、船舶、スタジアムのような建築物まで、Rhinoはカタチの大きさも選びません。それはミクロからマクロまでを許容できる精度が備わっているからです。そしてサーフェスモデラーゆえに実現可能な曲面連続性。滑らかで品質の高いの複合サーフェスを作ることができます。
また、カタチだけではなくブロックやワークセッションを利用することにより個人利用だけでなく、大規模モデル、大規模組織での利用を可能にしています。

優れたデータ変換性
DXF,DWGはもちろん、IGESやSTEPフォーマットをサポート。CATIA、Creo、UG等のCADとのデータ交換が可能です。RhinoでCADデータを読みCGへポリゴン出力。バーチャルなCGとリアルなCADとの橋渡しを、またSTL出力によりラピッドプロトタイピング等試作モデルへ応用も可能です。
注記)Rhino for Macは、Windows版Rhino 5の機能すべては搭載されていません。

アカデミックライセンスのご購入について

必ず「アカデミックライセンスについて」をお読みいただき、ご注文をお願いいたします。

→ 「アカデミックライセンスについて」を読む

購入ページへ